下見会&お食事会レポート
JR元町駅 徒歩5分 阪神本線元町駅 徒歩5分
神戸元町駅から間近なBLOCK32の、地下一階にある神戸吉兆。モダンな中にもシックな店構えが、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。 吉兆と言えば名店中の名店。接待利用や、仕事帰りの会社員などでにぎわっていますが、それぞれ趣向を凝らした四つの個室が用意されているので、リラックスして品のよい大人の時間を楽しめます。 今回はその個室に、秘書の皆さんがお集まりくださいました。
アサヒプレミアム生ビール熟撰のおもてなし
秘書会員の皆様
参加された秘書会員の皆様
参加された秘書会員の皆様 今回の下見会にお越しくださったのは、家電メーカー・大手スーパー・美容関連会社・アルコール飲料メーカー・医療関係など、バラエティ豊かな分野でご活躍中の秘書会員の方々。職場ではボスにつきっきりという方も、海外へ、製品展示会へとアクティブに活躍する方もおられて、それぞれ違う仕事環境に驚いたり、うらやましがったりしながら情報交換をされていました。
イキイキと毎日を生きる自分たちに「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」で乾杯!
年末の激務の中、お集まりくださった皆さん。まずは今日の疲れをいやすべく、「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」で乾杯です!! グラスになみなみと注がれたビールのきめ細かい泡に、皆さんの唇がついたとたん、「とてもクリーミーでなめらか!」と、驚きの声があがりました。「すっと飲めるから食も進みます」「泡が濃厚で、あっさりしたお料理にも、コクのあるお料理にも合う」と評判で、早々におかわりを注文する方も。 特に海外でも活躍されているという参加者は、和食とビールのマッチングに感心しきりといったご様子でした。
純和風の中に遊び心が籠められたお料理

今回のお料理は、12000円の神戸吉兆クリスマス会席を、特別にアレンジしてくださったもの。純和風のお料理ばかりかという想像をうれしく裏切る、クリスマスツリーが飾り付けられた前菜など、合計十二品のお料理が提供されました。もちろん、お料理にぴったりの「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」もご一緒に。

【前菜】聖夜趣向 季節の佳肴色々(数の子・いくら温玉和え・黒豆・サーモンピクルス・八幡巻・海老御前・フォアグラゼリー・星型のし梅) 【御椀】かに新丈 若布 【造里】平目 引下 烏賊 土佐醤油 【焼物】鰆味噌漬 【蒸物】ゆば蒸し 【揚物】海老芋唐揚げ 【強肴】合鴨ロース オレンジソースかけ 【留椀】赤だし 【御飯】貝柱・大根御飯 香の物 【果物】パパイア 苺 【菓子】初霜 【抹茶】大園 池田三丘園詰

 




活発な意見交換で場が華やぎます

名刺交換のあと、会社同士で親密なおつきあいのあることを発見して驚く参加者もおられた今回の食事会は、開会の直後から打ち解けた雰囲気となりました。「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」による気持ちのよい酔い心地に包まれる中、お互いの仕事について、鋭い質問が飛び交います。海外で活躍する参加者には、英語でのコミュニケーションの仕方に質問が集中するなど、有益な情報交換ができたようです。

お互いのボスについても様々な話題が出ました。仕事終わりにボスと一緒に食事をするという方も多かったのですが、「ラーメン屋によく行きます」という意外な意見も。皆さんラーメンもお好きなようでしたが、「たまにはこんな風に最高のお料理とビールも味わいたいです。今日のお料理はすべて手が込んでいて運ばれてくるのが楽しみですし、アサヒプレミアム生ビール 熟撰はそのワクワク感を盛り上げてくれるベストなお酒ですよね」と、改めてお料理とビールの味に感嘆しておられました。

皆さんが口をそろえておっしゃるのは、予算のことなどを考えた上で、接待の席をセッティングすることのむずかしさ。管理職の人たちは、同じ職場の仲間と贔屓のお店が重なるのをいやがられることも多いため、社内の秘書同士で情報交換するというわけにはいかず、いつも頭を悩まされていたとか。「これからは、このメンバーで、いろいろ教え合いましょう!」と楽しそうに話し合っておられました。

また、さすがに秘書の皆さんだけあって自社の製品には詳しく、商品についての情報交換も活発にされていました。ボスの健康管理も大切な仕事ということで、医療関係の商品についての話題では、皆が熱心に聞き入る場面も。
また普段の装いにも格段の注意をされているのでしょう。美容関係の情報交換には、特に真剣な様子でした。

話題はプライベートにも及びます。「ビールは生ものだと思っているので、買ったものはすぐに飲むんです」とおっしゃる参加者には、「かっこいい」という声も。
「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」は、以前はお店でしか飲めない高級ビールだったと聞いて、「家でも飲めるようになって幸せ!」などと、ビールの話題でも楽しく盛り上がっていました。

 
接待で利用するにあたって、気になる点をチェック
Q.秘書会員の皆さん
今日のお料理は、クリスマス風のアレンジがされていてとても楽しめました。本格的な和食が洋風にアレンジされていて、海外の取引先の方にも喜んでいただけそうですが、実際に外国のお客様は、どれぐらい来られるのですか?

A.若女将
そうですね。神戸は海外から来られた方の多い土地柄ですから、一時期より減りはしたものの、たくさんの外国人のお客様がいらっしゃいますね。

Q.秘書会員の皆さん
神戸という土地は、外国の方にとても人気がありますので、よくご案内するのですが、外国人の味の好みがよくわからないので、お店を選んだり、お料理を選んだりするのに迷います。このお店ではどのようなメニューが人気でしょうか。参考にしたいので、ぜひ教えてください。

A. 若女将
もちろん、それぞれに好みがおありだと思いますが、当店では、神戸ビーフの人気が高いようです。また日本食の定番ですから、天ぷらを好む方が多いです。

Q.秘書会員の皆さん
この個室は掘り炬燵になっていて、正座に慣れていない、海外からのお客様には喜ばれると思います。ただ、ご案内するお店を選ぶ際、宗教上の理由からお肉がダメだという方もおられるので、気を使うことが多いです。神戸吉兆神戸店では、「お肉を使わないお料理ばかりで会席をアレンジしてほしい」といった要望に対応していただけますか?

A. 若女将
お肉がダメだという場合は大丈夫なのですが、おだしにはカツオを使用しておりますので、お魚がダメだといわれる場合は対応が難しいです。とはいえ、お好みやご都合には、できる限り対応させていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

 
下見会終了後

仕事上での苦労や、嬉しい話などに、共感できることが多いためでしょう。とても話のはずむ下見会となりました。食事が終わったあと、もっと情報を交換したかったと残念そうにされている方も。
そして、「またこのメンバーで集まりましょう!」と約束されたり、「こちら秘書室」の掲示板を利用しての情報交換を呼び掛けられたりするなど、会のあともさらなる交流を深めようと話し合っておられました。
中には「これからまた社に戻ります」とおっしゃる方もおられるほど、日々休む暇なく働いておられる皆さん。秘書の仲間たちと大変有意義な時間を過ごされたようです。お土産が配られたあと、満足そうな表情でお店を出て行かれました。

 
上質な香りと、深い味わい
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています
 
バックナンバー
 
 
 
 
 
 
第十七回「下見会&お食事会」
 
 
   
オフィシャルサイトはこちら
開催場所:神戸吉兆 神戸店