下見会&お食事会レポート
ビジネスエリアである銀座・新橋から近く交通の便がよい「萌木」は、カウンターと個室がひとつのお店です。季節の素材を丁寧に仕上げた料理をいただけると評判で、隠れ家的な雰囲気から、親密な接待や会社の重役たちのご利用も多いそうです。料理長の腕が冴える料理と特別なビールが織り成すひと時を、秘書会員の方々に体感していただきました。
アサヒプレミアム生ビール熟撰のおもてなし
銀座からも新橋からも徒歩5分。抜群な立地で、料理長の心づくしが味わえます。
秘書会員の皆様
参加された秘書会員の皆様
今回お集まりいただいたのは、投資会社、国内メーカー、ITセキュリティなど、さまざまな業界でご活躍の4人の秘書の方々。激務をこなす秘訣や、美味しいお店や手土産の情報など、活発に情報交換をされていました。また、全くの異業種に見えても、取り引きでつながりがあったり、意外な共通点を見つけて驚くシーンもありました。
料理のプロが選んだ「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」で乾杯
ウィークデーの仕事後、猛暑の中お集まりいただいた皆さん。カウンター席に並んで、まずは挨拶がわりに「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」で乾杯! 喉を潤すと、仕事モードの硬さや疲れも吹き飛んだ様子。ひと口目を飲んだ後は、「深いお味のビールですね」とじっくりと味わったり、お造りの岩牡蠣と一緒に「ビールの味と香りが広がって、磯の香りにぴったり」と、贅沢な素材を使った料理とのハーモニーを楽しんだり、それぞれに杯を重ねます。秘書の皆さんの社交性と、カウンター席ならではの話しやすさも手伝って、会場はみるみるうちに和やかなムードに包まれました。
目の前で調理される美味に歓声が上がります

「萌木」の基本は、築地で仕入れる魚介類をはじめ、その日一番美味しい素材がいただける12,000円のお任せコース。本日は、女性向けに野菜を多めにしたという、心遣いもうれしい以下の9品種をご用意いただきました。料理長がこだわりの料理のお供に選んだのは、「アサヒ プレミアム生ビール 熟撰」。「ほどよい苦味と芳醇な香りは、瑞々しい旬の素材を使った料理にぴったり。何より純粋に旨いと思いましたし、評判もいいんですよ」と、教えてくださいました。

貝柱とツルムラサキの胡麻酢和え、象潟の岩牡蠣、江戸前の真子鰈、鱧と百合根と椎茸の玉じめ、鮑と車海老のうま煮、和牛の味噌漬けサーロイン風、加茂茄子のそぼろ味噌かけ、手打ちそば、黒蜜アイス

 




カウンター席が歓談をより親密に演出します

日々激務をこなす秘書会員の方々にお集まりいただいたのは、平日の夜。簡単な自己紹介が終わった後でまず話題になったのは、「今日はどうやって仕事を切り上げました?」ということ。「ボスに下見会のことを話して」という方もいらっしゃれば、「いつも定時で帰るように仕事をしています」という声も。「ボスより早く帰っても平気ですか?」と、そこから仕事の進め方や、ボスとの関係についてに話が広がっていきます。

「接待のお店を選ぶときは、誰かが実際に行ったことがあるか? 実際のサービスはどうだったか?」が大切になるという秘書の方々だけに、手土産にも気を遣っているよう。いつも贈っている品はもちろん、実際にもらってうれしかった体験にも、真剣に聞き入っていました。「とっておきの手土産ガイド」を愛用しているという会員の方が、「ちゃんと編集部でチェックされた情報が掲載されていて頼りになりますし、書き込むとポイントがたまるんですよ」とおすすめする場面もありました。

話が弾むなか、ついついカウンター越しに、料理長の手元に見入ってしまう会員の方も。カウンターの端のケースに並ぶ新鮮な素材が、鮮やかな手つきで料理されていく様子も、この店の“美味”のひとつと言えそうです。「接待で話が弾まないとき、カウンター席だと、話題に困らないかもしれませんね」という秘書会員の言葉に、笑顔でうなずく料理長。さらに、「牡蠣は食べられますか?」など、会話を遮らない絶妙のタイミングで好みを尋ねる料理長の心配りに、「ちょうどよい距離ですね」「居心地がいいですね」と、“気遣いのプロ”である会員の方々をもうなっていました。

また、食事も後半になると、「このビール、飲めば飲むほどに味わいが増しますね」と、「アサヒ プレミアム生ビール 熟撰」に驚く声も。「上品な香りが大人のビールという感じで、接待時にボスやクライアントに飲んでほしいです」との感想は、普段、接待場所探しや手土産選び、会議用のお弁当の手配と、「食」に関してアンテナを張り巡らせている秘書会員の方ならではです。

 
気になるポイントを秘書の目で質問
秘書会員の皆様
Q.基本はお任せのコース12,000円とのことですが、それ以下の予算、またはそれ以上のお値段でもお願いできますか?

料理長
A. 人数、内容により、8,000円、9,000円からでもご相談に応じますので、おっしゃっていただければと思います。12,000円以上で、素材をより至れり尽くせりにアレンジすることも可能ではあります。ただ、小さいお店ならではのサービスもある反面、混み合うときに行き届かないことがあるかもしれないと考えての価格設定ですので、できれば12,000円を上限でと考えております。

秘書会員の皆様
Q.量より質を重視したい、または若い方が多い集まりで、量を重視したい、なども可能でしょうか?

料理長
A.どちらもご希望に添えますので、ご予約のときにお話しください。お若い方が多い会でしたら、比内地鶏のから揚げを用意するなど、お客様の年齢によってもメニュー構成を考えますし、当日その場でお好みをお聞きして調整もできます。魚介類が中心ですが、本日のような和牛のほかに鴨のローストなど、ご希望により肉類も取り揃えます。引き出しはたくさんございますので、ご相談ください。

秘書会員の皆様
Q.禁煙、喫煙の区別はありますか?

料理長
A.喫煙は可能ですが、完全禁煙ご希望の場合は、ご期待に沿うのが難しいです。個室ご利用のお客様で、グループ内に1人だけ喫煙される方がいらっしゃったことがありますが、そのときは、喫煙のお客様はカウンターで吸っていらっしゃいました。

秘書会員の皆様
Q.個室は何名くらい利用できますか?

料理長
A.4名様〜6名様までご利用できます。肘掛付きの座椅子もご利用いただける4名様が、一番快適にご利用いただける人数かと思います。

秘書会員の皆様
Q.予約が取りやすい曜日などはありますか?

料理長
A.水、木、金曜はご予約が入りやすいので、お早目のご連絡をおすすめします。月曜日などは、当日突然お電話いただいてもお席が取れる可能性が高いですよ。

秘書会員の皆様
Q.ランチはやっていますか? また、今日のように、女性ばかりで利用してもよいでしょうか?

料理長
A.今のところ、夜のみの営業です。常連のお客様は男性が多いですが、もちろん、女性のみのご利用も大歓迎です。土日はお休みですが、ご希望があれば開店も可能ですので、女性ばかりのグループで休日に美味しいものを召し上がりたいときなどにも、ぜひご利用ください。

 
下見会を終えて…

「今日は、同じ秘書の方々と交流が持ててうれしかったです」という皆さん。「普段の悩みは社内の人には話せないし、かといって秘書業務を知らない友人には、悩みを全く理解してもらえないですし」と、秘書の皆さんにとって、下見会は悩みを共有し、解決の糸口をつかめる貴重なチャンスだったよう。「カウンター席のおかげで、より皆さんと親しくなれた気がします」「小さなお店だと、お客様の出入りが少なくて落ち着けますね」と、笑顔がこぼれました。「個室が掘りごたつなのもいいですね」「外国のお客様に喜ばれそうです」「アラカルトもたくさんあるんですね」とチェックも忘れずに、帰路につかれました。 

 
上質な香りと、深い味わい
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています
 
バックナンバー
 
 
 
第十四回「下見会&お食事会」
 
 
 
 
 
   
オフィシャルサイトはこちら 萌木