下見会&お食事会レポート
初めての取り引き相手から、気心の知れたお得意様までの接待、社内での歓送迎会と、さまざまな場をセッティングする秘書の方々。案外難しいのが、「硬くなり過ぎず、おもてなしをできるお店」選びだそう。そこで今回は、カジュアルな接待の場としても人気を集める「豊和」に確かな目をもつ秘書会員の方々にお集りいただきました。
アサヒプレミアム生ビール熟撰のおもてなし
開催場所 豊和 表参道-表参道駅から徒歩1分。住宅街にある、隠れ家的なお店。
秘書会員の皆様
参加された秘書会員の皆様
今回お集まりいただいたのは、国内メーカー、外資系証券会社、IT企業、レコード会社と、幅広い業界の5人の方々。秘書歴もそれぞれで、なかには会社で最初の秘書として、前例のないなか奮闘されている方も。アドバイスし合いながらも、自分が秘書になったばかりの頃を思い出したり、外資系と国内企業とで、ボスのこだわりの違いや、秘書に求められる気配りの違いに驚く場面もありました。
最上のくつろぎは「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」からはじまる
お仕事モードの緊張感をやや残した秘書の皆さん。まずは、「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」で乾杯! みずみずしい旬の有機野菜のサラダや、炭火も香ばしい比内地鶏の焼きものなど、厳選素材を使った料理の味わいが、アサヒプレミアム生ビール 熟撰の上品な香りでさらに口の中へ広がります。絶妙なハーモニーに心も舌もほぐれ、会場はあっという間に和やかなムードに。味わいが続く贅沢なビールだけに、「お料理に合わせて、じっくり楽しみたいですね」とゆっくり味わう方、「心地よい苦味で、ついつい杯を重ねてしまいますね」とおかわりを頼む方、楽しむスタイルもそれぞれでした。
旬がぎゅっと詰まったヘルシーな料理に喜びの声が上がります

本日ご用意いただいたのは、約8,000円のコースから、以下の10品種です。「普段なかなか食べられないものを」と、低農薬野菜や比内鶏、熊本産の馬肉などこだわりの食材を使った料理の数々。また、お品書きには、ひとりひとりの社名とロゴがあしらわれるといううれしいサービスが! 「すごい!」「おもてなしの心ですね」と、顔をほころばせていました。

「豊和」の付き出し3種(鮫軟骨の梅肉和え、京豆腐ケール入り、スルメの塩辛)、有機栽培のかぶと博多明太子のサラダ、熊本県 特選馬刺し盛り合わせ、比内地鶏の手羽と大根のポン酢煮、比内地鶏のヴィシソワーズ“豊和風”、比内地鶏 ねぎま串とささみ串、比内地鶏のむね肉の一枚焼き、白濁の水炊き鍋、雑炊とおしんこ、デザート盛り合わせ

 




ゆったりとした雰囲気に会話が弾みます

和のしつらえが心落ち着く店内。今回利用したのは、掘り炬燵で座りやすく、窓から風情ある中庭が見える個室です。自己紹介をひと通り終えた後は、日々の業務について、休日の過ごし方、残業について、次々と話が弾みます。業務内容や社風、ボスの年齢や性格は違えど、秘書という共通点があるだけに、皆さん新鮮な刺激を受けているようです。

秘書になってまだ3ヶ月という会員の方が、日常の秘書業務におけるお悩みを相談される場面もありました。「急な出張の手配をお願いされたとき、どうしています?」という質問では、「まずはスケジュールを一から組んでほしいのか、チケットの手配だけを求められているのかを把握しますね」「いつもお願いできる旅行代理店を作っては? ボスの好きな席を、代理店の方が押さえてくださることもあります」など、普段の気遣いが垣間見えるアドバイスをされていました。

続けて、「悩みがあると、『こちら秘書室』の掲示板を見ますね」「私も秘書になったばかりの頃は、一気に読みました。今も参考にしています」との声も。「手土産が必要なことが多いので、『とっておきの手土産ガイド』も参考にしています」と、会員の皆さんが「ぐるなびこちら秘書室!」をしっかり活用している様子も伝わってきます。

また、秘書歴に関わらず、皆さんが苦労していたのはやはり接待場所選び。「要望が厳しくて」「皆さん、美味しいものを食べ慣れていらっしゃいますし」という“質”のハードルもあれば、「外国からのお客様だと、ベジタリアンの方が多いです」「宗教上の理由で、制限のある方も多いです」と、習慣の違いによる難しさもあるようです。「実際行ってみないとわからないこともあるので、ランチにも接待場所候補を探しています」とお店探しに余念がなく、美味しいお店の話が出ると店名をメモする姿も見られました。

 
秘書ならではの視線が光る質問タイム
秘書会員の皆様
Q.今日は比内鶏が中心でしたが、好みによって他のお肉も用意していただけますか?

料理長
A. はい、ご用意いたします。来月からはアグー豚も扱う予定ですし、時期に関係なく、事前にご相談いただければ、お好みに合わせた選りすぐりの食材を入手いたします。

秘書会員の皆様
Q.接待相手の好みのお酒を持ち込むことはできますか?

料理長
A.持ち込み料金は本数などに応じて必要ですが、可能です。ご予約の際におっしゃってください。

秘書会員の皆様
Q.個室は何人まで対応できますか? また、個室のチャージ料金はかかりますか?

料理長
A.人数は、こちらの庭に面したお部屋も隣のお部屋も最大6名ずつ。仕切りを取り払えば12名入ります。どちらも掘り炬燵です。
チャージ料金は、どちらも4名までは5,000円、5名からは無料です。2部屋続けてお使いの場合は、9名まで10,000円、10名以上は無料です。

秘書会員の皆様
Q.お品書きへの社名やロゴの印刷は、接待のときにもお願いできますか?

料理長
A.できますので、予約の際にご相談ください。もちろん、社名を出したくない場合や、接待される側の社名のみの印刷なども対応できますので、おっしゃってください。

 
 
 
下見会を終えて…

柔らかく煮込まれた大根や、10時間かけて鶏ガラを煮込んだ鍋のスープなど、素材の美味が染みた料理と、深い味わいと苦味が調和した「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」は相性抜群。食に対して厳しい目をお持ちの皆さんからも、「美味しい!」と声が上がります。さらに皆さんを満足させたのは、店長のサプライズ。食事も終わりに差しかかった頃、部屋の明かりが落とされ、庭に花火が! その後、デザートとともに運ばれたプレートにも、来店へのお礼メッセージがありました。「ああいうサプライズって、喜ばない人はいませんもの」「歓送迎会に使いたいですね」「プライベートでも、ぜひ来たいです」と、もてなしの心も堪能された様子。お土産を手にして、帰途につかれました。 

 
上質な香りと、深い味わい
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています
 
バックナンバー
 
 
第十三回「下見会&お食事会」
 
 
 
 
 
 
   
豊和 表参道