下見会&お食事会レポート
アサヒプレミアム生ビール熟撰のおもてなし
開催場所 京都左近太郎 銀座店
秘書会員の皆様
今回お集まりいただいたのは計5名。秘書という共通項はありながら、業界は皆それぞれで、よくよく伺ってみると、サポートするボスの年齢や具体的な業務内容には随分と開きがあるようです。こだわりの料理とビールを囲んで自由に語らっていただくうちに、各企業の個性や国内・海外の違いなど、興味深い話が次々と出てくる貴重な会となりました。
極上の饗宴は「アサヒプレミアム生ビール熟撰」ではじまる
まずはアサヒプレミアム生ビール 熟撰で乾杯! 最初こそちょっぴり表情に硬さが見られた皆さんも、極上のビールで喉を潤すと、すぐに本来の社交的で明るい人柄が顔を覗かせ、初対面とは思えないほど楽しく和やかな空気が場を包みました。「このビールは和食に合いますね」「風味がいいですよね」という声。一品目をいただくうちに「もう一杯」とさっそくおかわりを注文する姿もちらほら。会食の後半には、「普段はビールをあまり飲まないんですが、自分でも不思議なくらい、このビールだとついつい飲んでしまいます」「料理を引き立てる、そんなお味のビールですね」と語る参加者もいらっしゃいました。
板前の腕が冴える、おまかせコースをご用意いただきました
ご用意いただいた「波奈コース」の基本は、前菜、椀、お造り、焼八寸、強肴、食事、デザートの七品。調理長自ら毎朝築地に出向いて食材を吟味し、当日の仕入れの状況を踏まえて献立を組み立てるため、内容は日によって変わります。 お品書きの例は以下の通りです。

【先附】こごみ、タラノ芽、才巻海老、菜の花、黄パプリカ、蓮根、牛蒡、胡麻酢クリーム 【椀】鮎並吉野打ち、白木茸、蕗、板蕨、木の芽 【お造り】活槍烏賊姿造り(当日は伊勢エビに変更)、本鮪、白身魚(当日は平目) 【八寸盛り】烏賊明太オクラ真砂和へ、鰻巻き玉子、空豆塩茹で、太刀魚牛蒡八幡巻 【焼物】桜鯛、筍、グリンピースソース、鯛白子、平湯葉包み(当日は湯葉揚げに変更)、蓮麩、【食事】常陸牛フィレステーキ、ズッキーニ、白舞茸、アイスプラント、白ご飯、生海苔、浅月味噌汁、香の物 【デザート】苺(当日は苺のほかに完熟金柑も)、小豆(当日は手作りプリンに変更)、抹茶寒天、黒蜜

 




掘り炬燵の個室でリラックスしながら歓談に花が咲きます
乾杯を終えると、まずは簡単な自己紹介。「今日は、秘書業務ならではの苦労を一緒に分かち合えたら」「日頃の疲れやストレスを解消するべく楽しくおしゃべりをしましょう」そんな挨拶も後押ししたのでしょうか、業務に関わる情報交換はもちろんのこと、休日の過ごし方や息抜きの仕方など、話は尽きることなく、笑顔も絶えません。そんな中でも、料理がサーブされると皆さん携帯で料理写真をパチリ。歓談しながら、そしておいしい料理に舌鼓を打ちながらも、下見という仕事を忘れない姿は、さすがしっかり者の秘書会員の皆さん! 料理の内容だけでなく、他の個室の様子やトイレの場所などもしっかりチェックをされていました。

というのも、「日頃から接待に利用する店はしっかり下見をします」という方ばかり。なかには「店選びはナーバスになりますよね。胃が痛くなるほどです」と語る方もいらっしゃいました。「店には必ず出向いて自分の目でチェックしますよ」「トイレから個室の距離がどのくらいあるか、駐車場はどこにあるか、こういったポイントはいつも気にかけています」「そうそう、導線は大事ですよね」といった意見も聞かれました。そのほか接待で利用する際にお店側に希望する点として、「会食する場所で手みやげを用意できるとありがたいですね」との声も。手みやげの手配を考慮すると、ホテルを利用する機会が多くなるというお話でした。

「少人数の会食で名刺交換も出来て、別業界の秘書の方の生の声が聞けるというチャンスは自分にとってプラスになります」「他の秘書交流会より、内容の濃い時間が過ごせました」「ただ名刺交換をするだけでなく、いい環境(落ち着いた個室)でおいしい食事もいただける──下見も情報交換も同時にできるなんてベストですよね」こうした下見会の感想も聞かれました。参加者の一人が「今日の出会いを大切に、今後も情報交換をしたり、助け合っていきたいですね」と話すと、皆さん大きく頷かれていました。

 
秘書の顔に戻って店長の話に聞き入る皆さん
秘書会員の皆様
Q.接待で利用する機会が多いので、個室について教えてください。

店長
A.比較的に予約が取りにくいのは水曜日と金曜日でしょうか。4〜5名様の会食で利用される方が多いですね。6〜8名でご利用できる個室──皆様にご利用いただいているこの部屋が一番人気でございます。そのほかにも、2〜4名様、4〜6名様用の個室、計3つの個室がございます。いずれもテープル席で、個室料はいただいておりません。

秘書会員の皆様
Q.コース料理をやめてアラカルトにしたいなど、当日に料理の変更をすることはできますか。

店長
A.できる限りの対応はいたしますが、予約に応じて仕入れや仕込みをしておりますので、急に大きな変更があると、料理をお出しするまでに時間を要するなど、ご迷惑をかけてしまう恐れがございます。ご満足のいく食事を気持ちよく召し上がっていただくためには、なるべくコースの変更は避けていただいた方が無難です。料理の内容につきましては、予約時などにご希望をお伝えください。

秘書会員の皆様
Q.たとえば先方の都合でどうしても予約をキャンセルせざるを得ないようなケース。こうした場合はどうなりますか。

店長
A.当店では御頂戴しておりません。スタッフ一同がまたのご来店を心からお待ち申し上げる次第であります。

 
 
下見会を終えて…
本日のメンバーは全員女性だからということで、女性好みの盛りつけやデザートでもてなしていただくなど、お客様に対する調理長の細やかな心づかいが印象的な下見会となりました。献立の説明をなさる調理長の言葉の端々からは、料理に対する並々ならぬ探求心と情熱がうかがえました。シンプルな白いご飯一つとってみても、「ツヤツヤしている!」「甘みがある」と驚きの声が上がるなど、舌の肥えた秘書会員の皆さんも大満足のご様子。アサヒプレミアム生ビール 熟撰とともに、誠実な料理を最後まで堪能した皆さんからは、「穴場を知ることができてよかったです」「接待でも、個人でも、またぜひ利用したいですね」「期待して来ましたが、期待以上です」そんな感想が聞かれるとともに、「今度またおいしいビールを飲みにいきましょう!」と次回の約束まで飛び出しました。4時間にも及ぶ下見会でしたが、楽しい時間はあっという間──そんな風に感じられるひとときでした。
 
上質な香りと、深い味わい
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています
 
バックナンバー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第十回「下見会&お食事会」