下見会&お食事会レポート
アサヒプレミアム生ビール熟撰のおもてなし
ボスの片腕となり、日々奮闘される秘書の方々。彼女たちがコーディネートしたお店でおこなわれた接待が、
取引の鍵となることもしばしば。常日頃から、接待場所となるお店の情報収集が欠かせないという秘書会員の
皆様に、質の高いお料理が評判のお店で、下見会をおこなっていただきました。
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-13-6 第5ミトモビル4〜5F
お豆腐や湯葉をはじめとする、選び抜かれた素材を使ったヘルシーな本格和会席が評判です。
参加された秘書会員の皆様
放送局、外資系法律事務所、ゲームソフト会社、電子部品メーカー、ゲーム機器メーカー、電機メーカーなど、多岐にわたる業界からお集まり頂いた秘書の方々に、異業種間での自由な交流をおこなって頂きました。
こだわりのお店で味わう「熟撰」の味
今回の会場は、恵比寿駅近く、駒沢通りから閑静な路地にはいった「恵比寿 豆腐工房 豆爺」。 こだわりの大豆から手作りされるお豆腐や湯葉をメインとするヘルシーな本格和会席を、個室スタイルの店内で味わえます。

ベテラン料理人がつくり出す、完成度の高いお料理とともに味わうビールは、こだわりのお店でしか味わえない「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」。上質なビールだけがもつバランスのとれた絶妙なコクに、今宵も、グルメな大人たちからの「熟撰を…」のオーダーが入ります。
技が光る、極上のお豆腐会席に舌鼓
ベテラン料理人たちがつくる、新潟魚沼産の緑豆大豆を使った手作り豆腐や湯葉を中心とした本格和会席。

本日の下見会のために用意されたお料理は、先付(緑豆おぼろ豆腐、豆乳ヴィシソワーズ、紀州完熟南高梅)、刺身(鰹のタタキ、活帆立)、創作(湯葉ロールサラダ)、創菜(とろとろ豚の角煮)、メイン(引き上げ湯葉)、食事(海老の湯葉ロール寿司)、デザート(豆乳杏仁豆腐)の全7品。

おいしいものには目がないという秘書会員の方々も、湯葉で巻かれた「とろとろ豚の角煮」や、旨みの濃い「引き上げ湯葉」に、「おいしい!」と歓声を上げておられました。
おいしいお料理とお酒に、心通う下見会


出会いを祝して、乾杯の音頭で始まった下見会。「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」で、乾いたのどを潤せば、ホッと会話も弾みます。

先付けから始まり、メインの引き上げ湯葉を味わう頃には、おいしい料理とお酒に心からリラックスしておられる様子。 ここで、ぐるなびスタッフから、秘書業務のやりがいについてお尋ねすると、 「担当する業務は、スケジュール管理や接待場所のコーディネートのほか、幅広く、責任も大きいのですが、いろいろな場面で、ボスから信頼されていると感じることができるんです。企業のトップの方など、いろいろな方に名前を覚えて頂けるのも、充実感につながっているように思います」。

常に、責任あるポジションにおられる秘書の方々。やりがいはもちろん、ご苦労もつきものなのだとか。

「たとえば、接待ゴルフなどの場合、行き帰りの車の手配などもしなければいけないのですが、数人で同乗する場合、どの順番で、お迎えにいくかなど、車のルートも考えなければなりません。同乗するメンバーについても、上司の性格や人間関係などを把握して、細心の注意を払うようにしています」。


お店の方への質問

開始から2時間半が経ち、デザートの豆乳杏仁豆腐が運ばれる頃に、料理長さんからのご挨拶。
「きれいな方ばかりで、緊張しますね」と、大照れの料理長さんでしたが、秘書会員の方々からの質問には、さすがはプロというべき落ち着きある様子で応対しておられました。

秘書会員の方々
Q. 予算をお伝えしたら、それに合わせてコースを作って頂けますか?

料理長
A. 飲み放題付きで5000円から、承っておりますので、ご相談ください。当店の料理人は、私をはじめ、老舗料亭で修業してきた誇れる技術を持っておりますので、ご予算に合わせて、ご満足頂けるお料理をお出しできると思います。ベジタリアンの方のためのコースもおつくりしますので、ご要望をお伝えください。

秘書会員の方々
Q.予約は、どれくらい前にすればよいですか?

料理長
A.その時によって違いますが、やはり金曜日19時くらいなど、ピークタイムのご利用の場合には、2〜3週間前にご予約頂いた方がよいかと思います。月曜、火曜などは、比較的空いておりますので、もうすこし直前でも大丈夫かと思いますが、なるべく事前にご予約頂いた方が、安心かと思います。



下見会を終えて

楽しい雰囲気に包まれた会も、いよいよお開きの時間。 「仕事以外の場で、秘書としての立場を共有しあえる方たちと出会えたのは、本当によかったです。こうした場が、もっと増えるといいなと思いました」。 さまざまな業界から集まった皆さんですが、同じ秘書ということで、すぐに打ち解け、英会話習得のコツや人気のゲームについてなど、さまざまな話題で盛り上がりました。



最後に

こだわりのお店でしか味わえない匠のお料理と「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」。そのプレミアムな味に、グルメな秘書会員の方々も、大満足で家路につかれました。 大切な方のおもてなしには、こんな「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」の味わえるお店を選びませんか?

上質な香りと、深い味わい
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています
バックナンバー
 
 
 
 
第五回「下見会&お食事会」