下見会&お食事会レポート
アサヒプレミアム生ビール熟撰のおもてなし
接待の鍵を握るお店選び。普段からの情報収集も、秘書の方々の手腕の見せどころです。今宵は、7名の秘書会員の方々に、「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」が飲める評判のお店へと下見に訪れて頂きました。
開催場所:ROBERT'S 六本木店【閉店】
住所 東京都港区六本木6-1-3 六本木六門ビル5F
六本木駅3番出口を出てすぐという案内にも便利な立地。新しいセンスを感じさせる上海料理が評判のお店です。
参加された秘書会員の皆様
今回、参加頂いた秘書会員の皆様は、大手メーカー、レコード会社、司法関係など、多方面からお集り頂いた7名の方々。基本的な秘書業務の心得やお店選びのコツ、プライベートのお話など、幅広く情報交換をおこなって頂きました。
お店の心尽くしと楽しい会話に満足の笑み
今回、下見会の会場として予約したのは、ベルエポックな上海の高級サロンをイメージさ
せる完全個室のVIPルーム(室料15000円)。書斎を思わせるインテリアに暗めのライテ
ィング、テーブルを囲むソファー席が、心地よいプライベート感を感じさせてくれます。
秘書会員の方々からも、「素敵!」と好印象の第一声。時間制限のないVIPルームだか
ら、ゆったり過ごす上質なひと時への期待が高まります。
極上の新懐石と赴きある粋な空間に酔いしれる
緊張の初顔合わせ。全員がそろったところで、まずは「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」
で、乾杯のご挨拶。特別なお店でしか出会えない「熟撰」のクラス感ある味わいに、「初
めて飲むおいしさ!」「仕事終わりの一杯に、この味わいは格別!」と、満足の笑顔がこ
ぼれます。乾杯のあと、すっかり場が和んだところで、お互いの自己紹介タイムへ。そこ
では上司の話から、上司のお気に入りのお店情報など、幕開けから活発な情報交換が交わ
されました。
今日の詳細
宴の始まり
今回出されるメニューは、接待などにも使える7000円のコース。オードブルにはじまり、海鮮料理、スープ、肉料理、野菜料理、点心、麺またはご飯、そしてデザートと、満足度の高いフルコースメニューをチョイス。最初のひと皿は、涼やかなガラスの器に盛られた5種盛りのオードブル。中華麩や細切りの固豆腐、干絲(かんすう)など、中華食材を使った珍しいメニューの数々に、グルメな秘書会員の方々も興味津々です。

続いては、ピリリとスパイシーな「オマールと手羽先の唐辛子炒め」、「フカヒレスープ」、ROBERT'S 特製の「上海風黒酢酢豚」、自家製小龍包にニラまんじゅう、季節の野菜を使った「菜の花とマッシュルーム炒め」に舌鼓。大満足のボリュームに、ひとまずお腹も一段落。その様子をみたお店側の配慮により、当初予定していた「上海焼きそば」が、お腹に優しい「中国粥」に変更されるなど、レベルの高いお料理とサービスに、秘書会員の皆様からの評価も文句なしの高評価です。
 
歓談
しゃれた空間で味わうこだわりの料理の数々とともに、終止和やかな雰囲気のまま進んだ下見会。終盤に入ったところで、秘書会員の方々の興味は、「接待で利用する場合、どこまで要望に対応してもらえる?」といったお仕事モードな話題に。急遽、店長さんへの質問タイムとなりました。

秘書会員の皆様
Q.健康管理に気を使わねばならない上司の場合、なるべくローカロリーなメニュー構成を考えなければならないのですが、コースメニューをアレンジして頂くことは可能ですか?

店長
A.はい。事前に言って頂ければ、ご要望に合わせてメニューを変更して頂けます。メニューに載っていない料理やお酒もご用意することができますので、お気軽にご相談ください。

秘書会員の皆様
Q.直前まで、人数が決まらないこともあるのですが、たとえば当日の予約や、料理のボリュームを人数によって変えて頂くことなどはできますか?

店長
A.はい。当日でもお席がありましたら、ご予約頂けます。また、最終的な人数に合わせて、料理のボリュームを変えるなども、できる限りで、ご要望にお応えしておりますので、まずはご相談ください。

秘書会員の皆様
Q.支払いに際して、請求書を出して頂くことはできますか?

店長
A.はい。2回目の利用からの場合に限らせて頂いておりますが、お声がけ頂ければ請求書はお出ししております。

秘書会員の皆様
Q.接待の際、おみやげを手配する場合もあるのですが、持ち帰りのできるメニューはありますか?

店長
A.はい。専門の点心師がつくる自家製点心や、杏仁豆腐、マンゴープリンといったデザートが、お持ち帰りメニューとしてご好評頂いています。杏仁豆腐は、種から抽出してつくるため、豊かな風味を堪能して頂けます。

質問を終え、秘書会員の方々からは、「接待というと、どうしてもお寿司屋さんや和食のお店に偏りがちなんですが、時には中華のお店も提案して、上司やクライアントの感性を刺激するようなコーディネートをしていきたいですね」との声。積極的な接待利用をご検討とのことでした。
 
料理に舌鼓
初顔合わせとは思えないような盛り上がりをみせた今回の下見会。楽しい時間はあっという間に過ぎ、いよいよお開きの時間に。 シェフのセンスが際立つ上海料理の数々と「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」の上質な味わいに、舌の肥えた秘書会員の皆様も大満足のご様子。5時間に及ぶ下見会の間、話題は尽きることなく、「また情報交換の集まりを・・・」と次回の約束を交わして家路へとつかれました。 縁を結ぶ大切な一席には、やはり、話題に華の咲くプレミアムなお店選びが鍵となりそうです。
 
最後に
緊張の面持ちで始まった下見会も、おいしい料理とお酒で話が弾み、お開きの頃には皆様すっかり仲良くなっていました。
接待にはやはりこのようなワンランク上のお店を利用してみてはいかがでしょうか。
上質な香りと、深い味わい
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています
バックナンバー
 
第二回「下見会&お食事会」